10周年記念モデルのiPhoneXがついに登場

  • 10周年記念モデルのiPhoneXがついに登場

    • iPhoneXの「X」は「テン」と読み、iPhoneの10周年記念モデルであることを表わしています。

      これまでも、新モデルがリリースされる毎に、革新的な新要素が話題となりましたが、iPhoneXも類に漏れず、さまざまな注目の機能が採用されています。



      もっとも大きな変化は、チップセットに、64bitアーキテクチャのA11Bionicを採用し、オペレーティングシステムのiOS11と併せて、完全64bit化に移行したところです。
      これでまでは、32bitアプリと64bitアプリの両方が動作しましたが、今回から32bitアプリのサポートが打ち切りとなり、より高度な演算処理が可能となる、真の64bit時代が到来します。



      もうひとつの大きな変化は、その特徴的な液晶ディスプレイが象徴するような斬新なデザインも然ることながら、ホームボタンと同時に、指紋認証のTouchIDが廃止されたところです。ホームボタンの代替としては、画面の下部に白いラインが表示されており、それを下から上にスライドさせることで同様の操作をする形となり、新たなインターフェイスを提案しています。



      また、指紋認証の代替として、顔認証のFaceIDが採用され、フロントカメラに顔を映すことで、認証が行われます。さらに、専用のシートに置くだけで充電できる、非接触型充電規格のXiや、急速充電にも対応し、運用のしやすさが格段にアップしています。
      これまで同様、iPhoneXでも、シリーズ初といえる新機能が盛り沢山で、世界中のユーザーに、大きなサプライズを与えています。

  • iPhoneXの身に付けたい知識

    • iPhoneXでは、大幅なグランドデザインの変更が行われ、従来からのユーザーにはおなじみのホームボタンが廃止されるのと同時に、指紋認証のTouchIDも廃止となりましたが、その代替として、画面下の白いラインをスライドさせることでホームボタンの役割をさせたり、フロントカメラを利用した顔認証のFaceIDが採用されました。人間の顔は、指紋と比較して、年齢や、その日の体調などによって大きく変化するものであり、顔認証の際、その精度を懸念するユーザーも少なくありませんでした。...

  • 学ぼうiPhoneXの事

    • これまでの歴代のiPhoneシリーズでは、ボディの素材にステンレス合金を使用しており、高級感のあるフォルムと同時に、高い熱伝導率を持っており、放熱効果も期待できるものでした。一方、10周年記念モデルのiPhoneXでは、シリーズ初のガラス仕上げとなっています。...

  • iPhoneXの情報分析

    • iPhoneXは、これまでのiPhone史上最大の画面サイズとなる5.8インチとなりましたが、近未来を思わせる独特の液晶パネルの形状と、サイドのベゼルを極限まで縮小したベゼルレスデザインに象徴されるような、先進的なデザインと、ホームボタンを廃止したことによって、全体的にコンパクトに見えます。しかし、これは決して目の錯覚ではなく、実際のサイズでも証明されています。...

  • iPhoneXの知っておきたい常識

    • iPhoneXの革新的なデザインを眺めた時に、一番最初に目を引くのが、これまでに無いOLEDディスプレイの形状です。フロントカメラ、スピーカー、各種センサーの並んだ箇所にカットが入った斬新なデザインで、左上と右上には、電波状態やバッテリー残量を表わすアイコンなど、さまざまな情報が表示されます。...

top