大阪の美容学校の運営形態は法人とサロン運営があり、法人は文部科学省が認可されたスクールを運営する法人で、公共性が高くて経営的にも安定してます。国から認められているので信頼性もあって、殆どは専門のスクールとして運営していて多くが法人です。少ないですがビューティ業界の同業組合立や共同組合立など組合が運営するのがサロン運営で、業界に精通した団体や企業が運営しているため、就職先が見つけやすく現場の情報も得やすいです。運営している団体と付き合いがあるサロンに就職することが多く、既に働きたいサロンが決まっていてそこが運営にも携わっているなら確認したほうが良いです。

法人でも業界と連携を結んでいるところもあるので、内容を調べてから選ぶことが大事です。学費は大阪の美容学校によって違いますが、大体は2年制で200万円~300万円程度かかります。内訳は入学金・授業料・施設費・実習費・教材費などで、ホームページなどで公開しているのは入学金・授業料・施設費だけのことも多く、これ以外に実習費・教材費などがかかったりします。詳細はパンフレットなどに掲載しているので事前に確認し、奨学金制度や教育ローンなどを設けていることもあります。

大阪の美容学校では2、000時間の授業の中で1、400時間は厚生労働省の規定で定められた内容、残りの600時間がそれぞれで違う科目や課外授業などを行います。エステ・ネイル・まつエク・メイク・ブライダル・デッサンなどから選んで授業を受けることも多く、内容もスクールで違い選択科目がどんな内容かも事前に確認が必要です。課外授業だと業界で行っているショーやコンテストへの参加、行事としてコンペやヘアショーを開催したりとこれもそれぞれ異なります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *