大阪の美容学校を選ぶときは、就職先は重要で基本的サロンとのつながりが強いですが、どこと繋がりが強いかは違います。行きたいサロンが決まっているなら、卒業生の就職先についても確認が必須です。校風も異なっていて、何を大切にしているかで自分にあっているかも判断出来て、国家試験の合格率・就職率・教育面など大切にしていることで授業内容も変わってきます。通う目的は人それぞれなので、自分に最適な校風の学校を選ぶことも大事です。

校風へ関係する大阪の美容学校の雰囲気は、判断材料にもなって一番目安となるのが在校生を見ることです。1回体験入学をしてみて雰囲気をしってから、それが自分に合っているかも判断の基準となります。大阪の美容学校には3種類の課程があり、一般的に多いのが昼間課程で朝から夕方にかけて授業を受けます。高校を卒業後に進学して免許取得を目指す人の多くはこの過程を選んでいて、同期も多くて知識や技術もしっかりと学べます。

一部では夜間課程もあり、授業は夕方から始まって夜9時ぐらいに終わることが殆どで、開始時間・終了時間が違います。就学年数は2年以上と決まっていて、年数は2年制や2年半など差があるのでこれも確認が必要です。仕事をしながら資格を取りたいときや、セカンドキャリアとして目指す場合に選ぶことが多いです。通信はレポート提出と面接授業を行い、面接授業はサロンで従業しているなら300時間以上、働いてないなら600時間以上です。

ただ、殆どのスクールはサロン従業者を前提にしていて、就学年数は3年間です。昼間はサロンで見習いとして働いて、空き時間を活用し資格取得の勉強をします。現場の仕事をしながら資格が取れないときはお客への入客は出来ませんが、取得出来ると現場で学んだ経験があり即戦力として働けます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *