精油の芳香成分を皮膚から直接入れていくことを目的としたアロママッサージは、アロマセラピーの重要なテクニックです。リラクゼーション効果や血液循環を促進させる作用があります。また、筋肉の痛みやこりの原因となる乳酸などの疲労物質を体外に排出する代謝促進作用も期待できるのです。ただし、アロママッサージを行うには、精油とキャリアオイル双方について成分にアレルギーがあるかどうかを調べるパッチテストが必要になります。

キャリアオイルで希釈した精油を上胸部の内側に大豆粒ほどの大きさに塗り、そのまま2日間様子を見て、反応が出た場合には、その精油やキャリアオイルの使用は控えることが重要です。基本的には良質な精油であれば、そう心配することはないですが、有害物質が混じっていると皮膚から浸透してしまいますのでサロンなどを利用する際には、どの精油をつかっているのかの確認も大事なポイントでもあります。アロママッサージでは肥満を解消する手助けをしてくれる効果があり、部分痩せにも効果的ですが、セルライトを除去する効果がみられるものもあります。皮膚の表面がオレンジの皮のように凸凹になったセルライトは、皮膚の血行不良やリンパの停滞、水分の代謝がうまくいかなくなっておこるものです。

アロママッサージにより、血行をよくしてあげると、目立たなくなってきます。排出を促進するフェンネルに利尿や発汗作用のあるジュニバーやサイプレス、ローズマリーカンファーをブレンドしたものを使い、1日に数回強めにマッサージするのがポイントです。大阪のメイク専門学校のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *