カンボジアの研修生について

カンボジアの研修生は単に労働者を受けいれるのではなくて、民営や国公営の送り出し機関から派遣されて来日して日本の受け入れ機関で技能実習生としてきます。
技能実習生としてきたカンボジアの研修生の滞在期間は基本的に3年以内で、講義主体の技能実習生とOJTの採用で技能習得を可能とし、母国のカンボジアへの技術移転を確実に行なえる技能実習計画が作成されてからこれにあわせて研修を行ないます。


国の技能検定基礎2級相当に合格したり所定の要件を満たしているときは、会社で実践的な技術習得のために雇用関係の下でさらに2年間滞在できます。
この研修生は技能実習2号となり1号とあわせて最長で3年間滞在できます。

技能実習を修了すると帰国後は習得した技術などを活かすことが可能です。

カンボジアの研修生で快適な暮らしを実現しましょう。

受け入れが出来る研修生の数は受け入れ先の企業の従業員数で枠が決まっていて、労働法令や労働と社会保険法令上の権利も保障されています。カンボジアの研修生を受け入れると色々なメリットがあります。



高齢化が進んでいる日本の職場ですが、そこへ若くて技能習得に熱心な実習生を受け入れることで職場や社内も活性化できます。
母国のことも詳しく知ることも出来るので、生活習慣や市場を知ることで企業の将来の発展につながることも期待できますし国際交流も進みます。

実習生が習得した能力を活用することで企業の事業活動改善や生産性アップなどの効果もあります。海外への進出も考えている企業には欠かせない人材です。