10周年記念モデルのiPhoneXがついに登場

  • iPhoneXの顔認証Face IDがすごい

    • iPhoneXでは、大幅なグランドデザインの変更が行われ、従来からのユーザーにはおなじみのホームボタンが廃止されるのと同時に、指紋認証のTouchIDも廃止となりましたが、その代替として、画面下の白いラインをスライドさせることでホームボタンの役割をさせたり、フロントカメラを利用した顔認証のFaceIDが採用されました。
      人間の顔は、指紋と比較して、年齢や、その日の体調などによって大きく変化するものであり、顔認証の際、その精度を懸念するユーザーも少なくありませんでした。



      しかし、iPhoneXの製品化の前に行われたベータテストでは、指紋認証よりも、顔認証の方が、誤認識が発生する確率が遥かに低いという結果が出たことで、それらの懸念は払拭されました。
      そんな高精度なFaceIDを支えているのが、学習システムです。



      一度、顔のデータを登録すると、ディープラーニングによって学習が行われ、体調による表情の変化ばかりではなく、メガネやサングラスの有無や、特に女性に多い、化粧をした状態と、してない状態をも学習し、同一人物であることを把握し、顔認証が行えるというシステムです。
      また、フロント側に赤外線カメラも搭載しているので、暗闇の中でも、正しく顔認証を行うこともできます。

      さらに、両目を開けて、自分の意志でカメラを見つめた状態でなければ認証が行われないため、例えば、眠っている間に勝手に認証が行われ、悪用されるのを防ぐこともできます。



      iPhoneXの予想を遥かに上回る顔認証機能は、新たな利便性と、高度なセキュリティを備え、ユーザーの大きな期待に応えるものとなっています。

top