10周年記念モデルのiPhoneXがついに登場

  • iPhoneXのボディは美しいガラス仕上げ

    • これまでの歴代のiPhoneシリーズでは、ボディの素材にステンレス合金を使用しており、高級感のあるフォルムと同時に、高い熱伝導率を持っており、放熱効果も期待できるものでした。
      一方、10周年記念モデルのiPhoneXでは、シリーズ初のガラス仕上げとなっています。

      この背景には、同じく、今モデルから採用された非接触充電のQiへの対応があります。Qiは、専用のシートから放出された微弱な電磁波を、デバイス内部のレシーバーで受け取ることで充電が行われますが、ステンレス合金が、そのやり取りを阻害する可能性がありました。



      iPhoneXでは、ボディをガラス仕上げとすることで、美しさと、Qiへの対応を両立することに成功しました。

      iPhoneXのガラス仕上げは、公式ホームページでも、「スマートフォン史上、最も強靭なガラス」と豪語されており、従来の製品と比較して50パーセント深い強化層が、これまでにない強度を誇っています。

      表面には撥油コーティングが施されており、汚れや指紋が簡単に拭き取れます。


      また、インクを7層に重ねることで、光の反射層を作り出し、独特の美しい風合いを見ることができます。



      サイドフレームには、医療にも用いられるレベルの純度の高いステンレススチールを採用し、ガラス仕上げのボディとのアクセントになりながら、さらに強度を高め、丸みを帯びた形状が、手にフィットし、持ちやすさが増しています。



      iPhoneXは、その優れたパフォーマンスに加えて、美しさと強靭さを兼ね備えた、まさにプレミアムモデルと言えます。


top