カンボジアから日本に研修生を呼ぶメリット

カンボジアと言えばアジアの国ですが、日本に研修生として受け入れるメリットがあるのをご存知でしょうか。

カンボジアの研修生に今、注目が集まっています。

もし外国から研修生を受け入れるか検討中なら、ぜひカンボジア人も候補に入れておきましょう。
まず、日本はカンボジアに最も援助をしている国です。

そのため日本人に良い印象を持っている人が多く、日本文化に興味があったり、日本で働いてみたいという方もたくさんいます。



そのため研修生として選んでもらうと、喜んで仕事を頑張ってくれる方もいます。


また日本と同じアジア人なので、小柄で髪が黒い人も多く、日本人から見て親近感があるのも特徴です。
小柄で目線が近いので威圧感も感じにくく、指導がしやすく、体型が近いので日本人が使う家具や機械も使いやすいです。さらに母国語が英語ではないところも日本人と同じです。
なのでこちら側のネイティブの英語に対応するプレッシャーがなくなります。

他にも、食文化が共通していることもメリットです。



カンボジア人は日本人同様に米を育てて、米を主食にしています。


職業が稲作の人も多く、稲作を伝えるのに適している国の人と言えます。
もし稲作で後継者不足や人員不足に悩んでいたら、カンボジア人を研修生として受け入れるのはどうでしょうか。
子供の頃からお米に親しんでいるので、お米を全く知らない国の人よりは指導がしやすいです。


これらのメリットを考慮して、ぜひ日本に呼ぶ研修生の候補に入れてみてはどうでしょうか。